三洋、太陽電池の世界記録更新

20090522-00000014-rps-ind-view-000.jpg
三洋電機は、太陽光発電パネルの主要部品である太陽電池で、太陽エネルギーを電気に変える変換効率の世界最高記録を更新した、と発表した。2、3年後の量産化を目指す。

 22.3%だった従来の記録を23.0%に塗り替えた。記録更新はシリコンを使ったタイプで100平方センチメートル以上の実用サイズで達成した。太陽電池を複数枚配列した太陽光発電パネルの変換効率は現状10%台のものが多く、今回、部品性能が向上したことを受け、三洋ではパネルの20%台も視野に入れ、開発競争で優位性を確保したい考え。発電効率の向上は、設置するパネルの面積が小さく済み、販売価格の低下につながるだけに、国内外のメーカー間で効率向上の開発競争が過熱している。太陽電池の変換効率の引き上げは、22%台が中心だったが、三洋は実用サイズとして世界で初めて23%の壁を突破し、パネルでの20%台実現に向け、ライバルを突き放した格好だ。

 三洋は、電池表面で受けた太陽光を発電層に導く役割を持つ、導電膜などを改良し、吸収損失を低減することに成功。また、電気の素である「電荷」を効率的に取り出す技術を確立し、電流が約0.8%増え、1平方センチメートル当たり39.5ミリアンペアへと改善した。ソーラーエナジー研究部の丸山英治部長は「20%を上回る発電効率の高い太陽光発電パネルの実現に一歩近づいた」と話した。

 ■基準統一、消費者の混乱回避

 太陽光発電装置は、国が設置時の補助金制度を3年ぶりに復活させたほか、東京都など自治体も独自の補助金制度を始めるなど、“ダブル補助金効果”で追い風が吹いている。一般住宅向けでは、2009年度は前年度を60%以上上回る10万件弱の設置が見込まれている。

 一躍、有望市場になったことで、メーカーによる販売競争も激しさを増している。三洋電機は国内生産量でシャープ、京セラに次いで3位。4位の三菱電機が追い上げる中で、低価格を武器に中国の太陽電池メーカー、サンテック・パワーが日本市場に参入するなど攻勢をかけており、商品の品質面での優位性を打ち出す必要に迫られていた。今回の技術革新の量産化は数年後だが、高い技術力を誇示することが消費者へのブランド力アピールにつながるだけに、国内メーカー間では、方式の違いを利用し、それぞれが変換効率について「世界最高」「業界最高」とアピールしている。消費者の混乱を回避するためにも、基準作りが求められている。

theme : まぢかよ!?
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

太陽光発電の技術革新も凄まじいのですね。
昨日御社の提案の契約をしたのですが、長持ちする太陽電池に感心しましたが、発電量が爆発的に向上したら、寿命の前に買い換えたくなってしまうかな?買い換えても損しないほど沢山発電するならありかもしれませんですね。
プロフィール

アルファコーポレーション

Author:アルファコーポレーション
アルファコーポレーションのブログへようこそ!
会社やスタッフ、お客様のことなど
情報をアップしていきますのでよろしくお願いします!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード